観光向けのホテルを見つけるための情報サイト

>

ホテルにはどのような種類があるのか

日本のホテルの種類と特徴

現在日本にある主なホテルとしては、ビジネスホテル、シティホテル、リゾートホテルなどがあります。
ビジネスホテルとは、その名の通りビジネスマンが出張など仕事で利用することを想定して作られているホテルです。忙しいビジネスマンのために交通の便が良いところにあり、無駄な設備やサービスがなく、リーズナブルであるという特徴があります。
シティホテルは、都市部の中心部や繁華街にあるホテルです。宿泊はもちろん、結婚式のようなイベントを開催できるような設備やサービスを備えているところもあります。

リゾートホテルとは、基本的には観光地にあるホテルで、ホテルで過ごす時間をよりゆったりとリラックスして楽しむことが出来るように作られています。ホテルの内装もゴージャスで、サービスも細部まで行き届いています。

シティホテルには様々な種類がある

都心部や駅の周辺などの市街地にある総合ホテルであるシティホテル。
使い勝手の良さから非常に人気のあるホテルですが、その用途によってさらにいくつかに区分されます。
講演会や会議、展示会などに参加されるお客様の宿泊を想定して作られているのがコンベンションホテルです。
海外のお客様も多く利用するので、外国語の堪能なスタッフがいることも多いです。
都心や海沿いに作られ、宿泊施設だけでなくスパやエステなどのリラクゼーション施設も備えているのがアーバンリゾートホテルです。
都会にいながらにしてリゾート地にいるかのような贅沢な気分を味わうことができるホテルです。
そのほかにも、大きな駅のそばにあり交通の便の良さを売りにしたターミナルホテルなど細かな用途に合わせてよりお客様が快適に過ごすことができるように対応しているのがシティホテルです。


この記事をシェアする